保険に関する知識を深める~万が一に備えるために~

見直しのきっかけ

人生の中で起きるさまざまな出来事が、保険見直しのきっかけになるでしょう。結婚や出産、子どもの進学など、人生の根幹に関わるような出来事が起きた時、もしものときの備えに対する意識が強くなるのです。

Read more »

定期的な見直し

保険の見直しは一度やったからそれでOKという種類のものではなく、定期的に行われるべきものだと言えます。なぜなら、人ひとりをめぐる状況は日々、時々刻々と変化していくからです。

Read more »

財産対策の為に

家計診断は、ファイナンシャルプランナーなどが各家庭の家計を分析してアドバイスをもらえるようになっています。最近では、財産対策の為に利用している人が増えています。

Read more »

保険の見直し

海外旅行に欠かせない三井住友海上の海外旅行保険が注目されています。格安なので、多くの人から利用されているサービスです。

あると便利な2つの特約

保険見直しで悩ましいのは自動車保険です。近年、高齢者の増加に伴い、高齢者の事故が増えていることから保険料が上がってきているからです。保険料は安くしたいけど、補償もしっかりしたいものにしたいと考えると、保険見直しは本当に悩ましいものです。自動車保険は大きく分けて、賠償補償、傷害補償、車両補償の3つから成り立っており、保険見直しにおいては、まずはこの3つについて理解することが大切です。その上で、特約について見ていくのですが、特約がいろいろあってよくわからないという人が多いのです。しかし、この特約も自動車事故に遭った時に役に立つおすすめなものが2つあります。それは、弁護士費用補償特約と対物修理超過補償特約です。この2つは付保しておいたらよい特約です。

2つの特約の補償内容と保険料

弁護士費用補償特約は、自動車事故において、法律問題に発展した場合に弁護士費用を補償してくれるものです。特にもらい事故の場合、弁護士法により、被害者側の保険会社は契約者にかわって示談交渉することは禁じられています。その場合に弁護士が必要であれば、この特約を活用することができます。対物超過修理費用補償特約は、相手車を自動車事故で損壊させてしまった場合に、その修理額が相手車の時価額を超えてしまった場合の差額を補償してくれるものです。対物補償が無制限の場合でも、自動車の場合は法律上、時価額が限度となってしまいます。ですので、修理額が時価額を上回ってしまった場合は、その差額を自己負担しなければなりません。そんな時に活用できるのです。2つの特約の保険料ですが、いずれも年間2,000円から3,000円の間で設定されている保険会社が多いですので、おすすめです。以上のことをふまえて、保険見直しを行うといいですね。

↑ PAGE TOP